ドローンを飛ばす前に知っておきたいこと


ドローンを飛ばすときの注意点について紹介しています。


定期的なメンテナンスを

ドローンの基本性能や操縦者のスキルによって安全性は大きく変化します。しかし、いくら高級モデルのドローンでベテラン操縦者が飛ばしていたとしても、ドローンそのものがメンテナンス不足でしたら事故が起こってしまうのです。そのため、ドローンを安全に楽しむのであれば必ず定期的にメンテナンスをしてください。

それでは、ドローンはどういったメンテナンスをしたら良いのでしょうか。何より大切なことは、ドローンのパーツがしっかりと装着されているのか確認をすることです。ドローンは複雑な作りになっていますのでパーツが多く、それらのパーツがひとつでもメンテナンス不足になっていると事故を招くのです。カメラが搭載されたドローンもありますが、そういったドローンはさらに複雑ですのでメンテナンスをしておきましょう。

まずはそれぞれのパーツを手で触ってグラつきが無いか確認してください。グラつきがあった場合はしっかりとネジを締めておきましょう。パーツがグラついたままでドローンを飛ばしていると、パーツが落下して墜落してしまうのです。ドローンにはさまざまなパーツがネジ止めされていますので、それらに合わせたドライバーも用意しておきましょう。